SlowDays

カテゴリ:病・やまい( 3 )

炎症@その後

一週間ほど前にちょっとした炎症があり、糖尿病絡みかと素人診断をしたら、単なる炎症だと医者に笑われた。患部に処方の軟膏を塗ったら、一週間足らずで炎症は治まった。素人診断はいけませんね。
by cassiopeam101 | 2010-02-10 18:51 | 病・やまい

新型豚インフルエンザがフェーズ4:パンデミック

新型インフルエンザが懸念されていたが、世界的大流行の怖れのあるフェーズ4にWHOから指定されたのは鳥インフルエンザではなくて、豚インフルエンザだった。世界的大流行の恐れあり、これをパンデミックと言うそうな。日本では差し当たりは水際作戦をとるとしているようだが、どれだけの波及効果があるかは予想出来ない・・・、経済的?景気?株価?原油価格?。余っているマネーがこうした新事態にまた行き場を探って、盲動するのだろう・・・。

豚インフルエンザに関しては何故メキシコだけに死者が出ているのかが分からなくて、各国の医療的な対応、疫学的対応などが分からない、そうな・・・、要注目。
by cassiopeam101 | 2009-04-28 09:39 | 病・やまい

膵臓ガン

この4月某日大学時代の友人三人で葉山マーレド茶屋で昼食を楽しんだ。その折も書いたが、実は四人で会いたかったね、と言う話だった。あるいは次ぎは四人でね、と言う事だった。その折欠けた一人はその時既に膵臓ガンということは判っていた、本人にも、家族にも告知されていた。その友人が五月の上旬に亡くなった。三月に容態が急変して、それからは坂道を転げ落ちるようだったらしい。
そうした容態が我々に伝わらなかった時に我々は葉山で楽しく会食した。何となく後ろめたい気持はぬぐえない。状況が判らない時にあれこれネットで調べた。膵臓ガンは厳しい病と知らされたが、やっぱりそうだったのか、と言う感慨にとらわれている。
昨年の終わり頃から神奈川県にある仕事場を長期休職していたらしい。その前に近くに居たのだから、単身赴任の無聊を慰める機会は幾らでもあったのになァ、が残された仲間の一人の繰言。その後九州に帰り、直ったら会おうゼ、と言う話は交わしたらしい。この三月に容態が急変し、五月には帰らぬ人となった。合掌。
仲間のもう一人が序があり五月半ばにお見舞い出来るか、と奥様に問い合わせたら、ご勘弁と言う事だったが、その旅が葬儀に参加する巡りあわせとなった。
by cassiopeam101 | 2006-05-19 21:16 | 病・やまい