SlowDays

カテゴリ:健康・病( 21 )

心筋シンチグラムによる検査@メドロ先生

友人のメドロ先生があれこれの生活習慣病を患っていて、高血糖値検査、投薬治療の次はこの心筋シンチの検査を受けたとか・・・。心筋シンチなる言葉は馴染みがないのでググる、とたくさん出て来る。

要約するとテクネシウム等の放射性同位元素、多分陽電子を放出、放射するらしい。検査の前に適量のTc等を含む薬を飲まされて、心臓まで回ったところで、CT検査のようなトンネルに入って、多分、ガンマ線写真を撮る。陽電子と電子とがぶつかって消滅して、512keV(エネルギー単位です)のガンマ線をだすのです。このガンマ線の写真を専門家が見ると、心臓の血管、毛細血管にどのくらい血液が回っているかが分かるのでしょう。陽電子と電子の消滅、ガンマ線の発生機構を利用ですと言うところはPET(ぽシtろんEmission Tomography)と似ていますね。PETは事前に飲む薬はがん細胞と親和性があり、がん細胞の巣窟の景色が映像に成って見られます。

そう言えば、メドロ先生は、何時だかの晴れがましい会で、演壇の上で、虚血性何とやらで倒れて、一命は取り留めたが、その後役職の免除を適用された、とかと言う一件がありましたね。その後の処置、手当がされず、そのまま今日まで引き摺っていらっしゃるのでしょうか?

その他に、古文書の埃を吸って、肺も宜しくないとか、肺活量がすくない?とか・・・。

これらの生活習慣病が相互にどう関係があるのか、独立ならば、一つ一つ潰して行けば良いのでしょうが・・・。それから、投薬される場合は薬の副作用に相互作用があるのかないのか、も気になりますね。
by cassiopeam101 | 2009-12-25 11:23 | 健康・病

二度目の卓球練習@世田谷

d0056382_9494456.jpg
火曜日の午後、二度目の卓球の練習にチャリンコで出掛けた。今回は30分の練習を三回やった。そうそう、この貼絵のラケットを買って、これを使って練習したので、ラリーが結構つながって、出来た。膝も足腰も後遺症はなかった。来週はシルバーウイークで休み、再来週には上手い人と30分のラリーを4回やろう・・・。
by cassiopeam101 | 2009-09-14 13:30 | 健康・病

区検の詳しい結果@健康

区検、簡単な一時間人間ドック、の詳しい検査結果、主に血液検査の結果、を検査の翌週の九月二日だったか・・・、に聞かされた。
血圧は90、158で相変わらず高いと言われる・・・、でもそれ以上はぶつくさ言わず、時々測りにいらっしゃいとのことだった。空腹時血糖値は106でまあ良いでしょう・・・、肝臓関係の数値もまあまあで、何も言われず、尿酸値が7.2mg/dlで飽和数値が7.2なので、痛風になってもおかしくない、と言われる。去年も、そして多分その前も、そう言われました、と答えると、パラパラと過去の資料をめくって、そうですね、とのたまう。・・・でも、10でも尿酸が析出しない人も居る、とも言われる。

私の感想は二種糖尿病は騙し騙しの運動食事療法で騙し込んでしまったようだ、このままの運動食事療法を続けよう。尿酸値については例によってネットで調べるとビール、納豆、豆腐などの大豆が良くない等とある。困ったな、週に一回程度でも駄目なのかな・・・、と調べ続けると、水分を取ると良いとあった。これ良いね、普段余り水は飲まないので、少し多めに取るようにしよう。来年検査の前にガブガブ水を飲んでみよう。

ところで、友人のA君は前立腺に関わる数値が今年警告値を越えたので、精密検査する、とか言っていたが、結果は問題ないと晴れ晴れとした声を電話で聞いた。
友人のY君は酒も煙草も止めて、まあ何とかやっているとか言っていたが、ブログを見ると、自主的に飲んでいるらしい。
友人のK君は脳梗塞の後遺症のリハビリに励んでいるようだ。見舞いに行くといったら、涼しくなってからにして呉れ、と言われた。
by cassiopeam101 | 2009-09-07 07:00 | 健康・病

町医者の近くの冬青(そよご)の実@散歩

d0056382_182949.jpg
先週の区検の結果を聞きに行った。今回は主に血液検査の結果である。一言で言えば、何も悪いところはない、この結果を見る限り、長生きしそう、と言われる。そうですか、長生きはしたくないんですけど、あと五年で後期高齢者ですから、そこらでこの世ともオサラバしたいと願っています。そうはいかんよ、そんなに上手くいくんならこんな楽なことはことはない・・・。
強いて言えば、血糖値の三カ月値?が少し高いネ。それと尿酸値が飽和値が7mg?なのだが、7mgだね。昔はどうだったかナ?あれれ3年前だかは7.6だね。これがつづくと尿酸の結晶が足だのの関節に出来て、風が吹いても、痛いと大騒ぎするんだヨ・・・。はァ・・・、で食事療法なんてあるのでしょうか?・・・・?ああ、ネットで調べます・・・。

9時過ぎに着いたが、先客があり、30分以上待たされ、これが帰りに撮った町医者の二三軒先のお宅の冬青(そよご)・・・。
by cassiopeam101 | 2008-12-10 10:06 | 健康・病

区検で罹りつけの町医者へ行った@2008

d0056382_17293341.jpg
健康保険で賄って呉れる区検(世田谷区健康検査か・・・)に出掛けた。いつもとは違う方向のかかりつけの町医者だ。罹りつけと言っても病気しないから、殆んど出掛けた事はない。年一回区検で行くくらいだ。毎年血圧が高くて、先生から血圧降下剤を飲みなさい、飲むことに納得したら、またいらっしゃい、と言われ続けている・・・、だって納得しないんだもん・・・。
今年もそのことを覚悟して行った・・・、ハイ血圧測りましょうね、先生自らゴムで上腕部を押えて、圧迫帯を下腕部に当て、ポンプで空気を押しこんで下腕部を、圧迫しながら、聴診器で血流の止まる圧力を水銀柱で測り、流れ始めるのを測る。これはつまり古典的な血圧測定法である。
そして、結果は78-132ですね・・・、ハイ次は心電図・・・、ハイ、レントゲン・・・、帰りにオシッコが出たら、出して行ってね。・・・でお仕舞い。

そして、朝飯抜きだったので、馬事公園近くのRHで朝飯を食べる、これは8枚切りのトースト、ベーコンと目玉焼きとサラダ、とコーヒー。美味しかった。

どうして、血圧が下がったんだろう・・・?
1.連れ合いの解釈:昆布のしるにレモンの汁が効いているんじゃない・・・? そうかな?もう何年もやっているけどね・・・。あら、一年も経っていないわよ・・・。実際には一年八ヵ月・・・。
2.私の解釈:近頃自転車に頻繁に乗っているいるからかなァ・・・。
3.二人の解釈:偶々かも、偶然かも・・・。 分からないね・・・。

去年はどうだったかな・・・? 一昨年ならあるけどね・・・。
by cassiopeam101 | 2008-12-03 09:05 | 健康・病

カイロプラクティック@連れ合い

肩が痛い、肩が凝る、首が痛い・・・、とかねがね訴え、整形外科へ行ってもレントゲンを撮ってさあ?どこも悪くありません・・・、でお仕舞い。そこで息子達が時々出掛けるカイロプラクティックへひとりで出掛けた。

あれこれ伝え聞いたが、印象に残っているのは、「私は小心者で、何かあると、身をきゅっと引き締めたりして、体が硬くなるの良くない・・・」とか言うことである。それに反して、この医者?には私は面談していないので、連れ合いの判断だと思うが、「私は良く言えば大物、悪く言えば、鈍感で、何があっても、ぼやっとしている、体が硬くならない」のだそうで、「・・・だから、貴方はどこも痛くないのよ」といつも言われているセリフがまた出て来た・・・。

翌日だったか、それでその後どうなの?按摩さんにマッサージして貰ったより良いみたい、体が伸びているような気がする。安ければ、度々行きたい気がするけど・・・。一回一葉さんと税金ではそうしょっちゅうは行けないそうな。

後日、電話で息子に礼を言っていた。体が伸びるようになるのが良いんだ、と息子にも言われたそうな・・・。息子は母親似で、小心者なのか・・・、申し訳なかったナ。

カイロ・・・の治療?はスポーツ整体医の治療よりは時間が掛かりそう・・・。効果の程は暫くしないと分からない。
by cassiopeam101 | 2008-10-03 16:11 | 健康・病

私の外部メモリー

近頃物忘れが酷いので私の外部メモリーと言うタグを作って、そこに他人に見られても構わない事なら、どんどん書き込むことにした。他人に見られて困ることは従来通り手帳などに記すことにする。こうすれば内部メモリーの付加が軽くなるかなァ、と単純な発想。はて?そう上手く問屋が卸すか?まあ、取り敢えずやってみよう。

さて、何度もここに書いたが、そもそもこの散歩は第二種糖尿病予防の食事運動療法の一環である。新聞を見ていたら、こんな記事があった。一種も二種も遺伝性のものかと思ったら、そうでもないらしい。なり易い傾向が遺伝することはあるかもしれないが、発症の切欠があるらしい。二種は睡眠不足が関係するとか。最近は直ぐにいつでも、何処でも寝るようにしているのだが・・・。

食事療法としては蕎麦を食う、があり、これが蕎麦行脚と言うタグになっている。蕎麦のかけ箸さんも糖尿病との関わりから蕎麦に入れ込んだらしい。
by cassiopeam101 | 2008-01-05 15:29 | 健康・病

踵が荒れて来た

d0056382_13103675.jpg
毎年冬になるとこのナメラカカトにお世話になる。50過ぎからの話だったか?今年は10月30日から・・・。
by cassiopeam101 | 2007-11-03 16:54 | 健康・病

断酒をやめて呑む古酒(くーさー)泡盛/久米仙のオンザロック

d0056382_0392419.jpg
血圧が五十台の初め頃からずーっと高くて、定年前に少し下がってイェローゾーンを下回ったかな、と思ったが・・・。またイェローゾーンにどっぷり。この三ヶ月ほど断酒してみた。その間手首で一日何回か毎日測ったが、レッドゾーンに入りそうな勢いだった。仕方がないので、断酒はやめて、これまでのように週一の休肝日を設けて飲酒することにした。これでまた三ヶ月ほど測定し、結果を見て、医者のところへ行き、血圧降下剤でも飲むことにするか!?
そう言えば、新しい文芸春秋に立花隆氏が生活習慣病の百貨店、デパートだと言っていた。彼ほどの勉強家が血圧降下剤にまつわる胡散臭さを勉強していないのかなァ、と読んで思った。
by cassiopeam101 | 2007-10-11 19:05 | 健康・病

虎ノ門病院分院@川崎市

d0056382_2241246.jpg
今日は川崎市にある虎ノ門病院分院へ連れ合いのお供で出掛けた。そもそもは昨年の8月に府中病院へ行き、肝臓機能の数値が非正常であることの原因を調べて貰う事から始まった。予測していた事だが、腎嚢胞が以前からあり、それとの関連が疑われた。あれこれの映像検査(CT、MRI、超音波エコー)をしたが、これという結果は出ず、暫く様子を見ましょう、と言う事になった。これは時間変化があれば、そこを糸口に、因果関係、原因究明をしよう、ということだが、平たく言えば、判らない、手の打ちようがない、ということでもある。
前の病院では先生が辞めたので、この機会に病院を代わったら、と連れ合いを説得する。この分院には腎嚢胞の権威が居て、お腹が妊婦のように腫れてしまう悪性の嚢胞の治療で有名なのだそうな。それなら連れ合いのような腫れ具合の少ない脳胞が大したことがないのか、放っておいてはイケナイノか、診断してもらったら、が私のポイントだった。
前の病院の代わった先生に紹介状を書いて頂けますか、と恐る恐る訊ねると良いですよ、と二つ返事。やれやれ、これまでの映像検査結果も出してくれた。
・・・で、本日の診断結果はこの嚢胞が悪性のものにまで成長するには三十年以上掛かるでしょう。ではその前に死にますね。そうです。肝機能数値の異常は?ああ、それは良くある事です。嚢胞とは関係ないでしょう。前の映像検査は少し時間が経っていますから、念のため、こちらの病院でもMRI、超音波映像を撮りましょう。・・・ということになって、連れ合いは大喜び。今まで通り、普通の生活をすれば良い事になった。
やれやれ。
by cassiopeam101 | 2007-09-10 12:45 | 健康・病