SlowDays

タグ:稲作@2006 ( 27 ) タグの人気記事

これが今シーズン最後の手作りのお米

d0056382_215637.jpg

by cassiopeam101 | 2007-02-21 23:59 | 米作り

お米がなくなった@横浜ーその26

携帯メールで美味しいお米がなくなった!残念!!との知らせ。あのバクバク食べていた孫の言い分。そう言えば、息子のところの孫は、まだ言葉は不十分だが、パクパク食べたそうな。我家は老人二人でカップ一杯毎晩食べているのでまだ少しあるそうだが、来週にはなくなりそう、とか。来年は収量を上げなければ・・・。
by cassiopeam101 | 2007-01-25 11:04 | 米作り

爺の米にパクつく孫@世田谷ーその25

d0056382_2361422.jpg
年末年始には爺婆の家へ来る事にはなっていたが、今日突然あれこれの理由があって、今からお願いします、ということになった。晩御飯は早速爺の米、それにパクつく孫。お茶碗も持てる様になり、箸もどうやら使えるようになった。やれやれ。

もう一枚
by cassiopeam101 | 2006-12-24 23:17 | くいしんぼう

稲作・今年の反省ーその24

今年もあれこれじゃたばたやった稲作、美味しいお米を食べた所で年の暮れも近づいたから、忘れない内に反省を書いておこう。

1.美味しいお米の極意は農薬を使わない事らしい。今年もそれは貫くことは出来た。自家米を作っている農家はそうしているらしい。
2.農薬は除草剤、化学肥料などがある。プロの方々には色々教えて頂いた。除草剤は使えと言う方々はいなかったが、肥料を使えば収量は上がるぞ、と何度も言われた。・・・はァ、はァ、と生返事をして誤魔化している。仕舞いにはお前等のは趣味の米作りだからね、と諦めて頂いている。
3.除草には手押し除草機が有効であることが判った。物の本には7月半ば以後は除草機は掛けるな、と書いてあったが、8月になっても掛けて、根を痛めるような事はなかった。品種改良で根が強くなったのか?判らない。畝(うね)の間隔は紐を張って、手植えするので一応正確であるが、畝に沿った方向の株の間隔は好い加減である。来年は畝の間隔ー30cm?の四角い冶具(特殊目的の手作り道具)を用意して、畝方向にも正確な距離で株を植えるようにしたい。
こうすれば、畝に平行な方向だけでなく、畝に直角な方向にも除草機を掛けることが出来るようになる。こうすれば除草の効果は格段に向上する筈である。田植の後一月位は頻繁に除草機を掛ける事が必要。
4.肥料は牛糞を入れることを相談している。トラック一杯5千円とか。田圃に入れてから、平にならすのが多分大変な作業になる。
5.水管理をこれまではもくれんサンに任せっぱなしだったが、私も出来る範囲のことがある事が少し判ってきたのですこしでも参加したい。
6.鯉、鮒を使った除草は水温が低くて魚が育たず失敗だった。合鴨除草を言われる方が沢山いたが、茂沢のような野獣の出没する機会の多い場所では合鴨の管理に手間を取られるので現実的ではない。
by cassiopeam101 | 2006-12-23 14:40 | 米作り

食べた美味かった@世田谷ーその23

d0056382_2128351.jpg
漸く自作の有機米を食べる事が出来た。美味かった。今年もあれこれ、紆余曲折があったが、兎に角味だけは良かった。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-12-22 00:45 | 米作り

十二月半ばにやっと精米@世田谷ーその22

d0056382_12565795.jpg
十二月も半ばを過ぎて、漸く今年収穫したお米をもくれんサンから分けて貰った。玄米のまま世田谷へ持って帰り近くのお米屋さんで精米して貰った。小母さんが今年も良い米だ、手にとってと褒めてくれた。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-12-20 13:12 | 米作り

十一月初めの田圃で脱穀@信州ーその21

d0056382_14445525.jpg
稲刈の一週間後に脱穀した。稲刈が遅れて、田圃で稲が乾燥していたらしい。脱穀機はエンジンつきで、稲束をハサバから外し、根元の方を脱穀機の上の方にあるベルトに挟むようにするとベルトが引っ張って持って行く。実のついた穂先の方は機械の中で回転するドラムの引っ掛かりで籾が外され、ダクトを通って袋に入れられる。基本的な仕掛けは日本古来のものの組み合わせだ。袋は30kg入りで、私でも腰までは持ち上げられる。一俵なんてとても持ち上げられない。袋に籾を入れる口は二つあり、その先にそれぞれ空袋をあてがっておくと、一方が一杯になるとスイッチを切り替えて、空いている方に籾が入るようになり、袋から溢れる事はない。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-11-06 15:21 | 四季折々

十月末の田圃で刈入れ@信州ーその20

d0056382_973595.jpg
今年の稲刈の後の田圃。刈り取って、ハサバに干して、と言う作業を終えると大抵秋の日が傾いて、物悲しい景色になる。春先の田植の後の気持ちとは違うのだ。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-11-01 08:03 | 米作り

十月半ばの田圃@信州ーその19

d0056382_1182192.jpg
これが今年の十月中旬の田圃。黄色く稔っていつでも刈り取りが出来る状態。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-10-19 11:36 | 米作り

頭が垂れてきた稲穂@信州ーその18

d0056382_13441316.jpg
田圃へ出掛けたら、稲穂がこんなに垂れていた。うーーん、これはそろそろ稲刈をしなければ、と思って辺りを見回した。プロの田圃も刈取りを始めているところがある。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-30 14:12 | 米作り