SlowDays

タグ:稲作@2008 ( 30 ) タグの人気記事

新米を食べた@晩飯

d0056382_21425772.jpg
自家米を漸く食べた。遅ればせながら新米である。色温度を合わせ違えたが、味は良かった、美味しかった。やれやれ・・・。
毎度のことながら、ryouさんには大変世話になった。来年も生きていたら、草刈に精を出したい。冬の間に学習しよう・・・。

おかずは・・・
by cassiopeam101 | 2008-12-26 19:18 | 米作り

脱穀@信州

d0056382_1414182.jpg
漸く2008年の稲作も脱穀に辿り着いた。これはryouさんの脱穀機、稲と麦とを兼ねている。後ろはハサバに掛けた稲の束。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-11-02 09:19 | 米作り

刈り入れ後の棚田@信州姥捨 sanpo

d0056382_8445424.jpg
テレビだかで信州姥捨の棚田、田毎の月、が信州の山小屋からそう遠くないことに気づいて、出掛けた。上信越道、18号線などを辿って、迷いつつ、一時間半ほどで到着。棚田はとうに借入済み、遥か遠くの景色は川中島辺り、千曲川と犀川の合流する辺り、信濃平と呼んだか、だろうか。
棚田には一枚ずつこのように名前がついいている、給排水の水道栓だ敷設されている。棚田への進入路は軽トラックが入れるように、舗装、砂利敷になっている。たぶんその道の下に水路のより太い管が埋設されているのだろう。
棚田には四十八枚田と名付けられたものもあり、これは一反を48枚に分けたそうな、だとすると300坪/48~7坪、14畳足らずということになる。手作業で、鍬入れ、代掻き、田植え、草取り、刈入れ、脱穀などなどをやるらしい。駐車場からの行来、作業場からの行来など傾斜があり、大変だろう・・・。

川中島遠望は・・・
by cassiopeam101 | 2008-11-01 15:05 | 米作り

稲刈り@信州

d0056382_11175082.jpg
今年の稲刈りは10月12日、昨年は13日だった。ryouさんの話では、田圃で十分乾燥しているので、二週間ぐらいで脱穀出来そう、と言う事だった。
今年の稲刈りにはryouさんの同郷の方が来られて、割合捗って、三時過ぎにはほとんど終了した・・・、後はネットを掛けるだけ。去年の刈り入れ図を見るとハサバが二列と少しあるので、少し少ないかな・・・、でも暑かったから豊作の部類。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-10-12 15:43 | 米作り

黄金色になってきた稲穂@信州

d0056382_943775.jpg
貼るのが遅くなったが・・・、13日に撮った田圃の様子。稲穂は垂れて、黄金色、ここらはネットを雀避けに張る・・・。今年のネット張りには参加出来なかった。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-09-13 11:59 | 米作り

垂れる稲穂と真正合鴨@世田谷

d0056382_142124.jpg
馬事公苑の正門間の欅並木の脇に農業大学の博物館があり、そこの展示用の小さい稲田と合鴨の小屋がある。これはそこの稲穂・・・。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-09-07 10:24 | 米作り

垂れて来た稲穂@信州

d0056382_200167.jpg
田圃の稲穂が大分垂れて来た、色も黄色くなってきた。暑さのお陰で作柄も良いようだ。ちょっと後ピンですね。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-08-25 14:46 | 米作り

古い写真の稲穂と花@信州

d0056382_16293050.jpg
このところ暑い日が続き、家の中に蟄居していて、写真の種切れ状態・・・。そこで古い写真を取り出して貼るという姑息な手段、許されよ・・・。
これは8月2日、先週末、の稲穂と花。このくらい近くで撮ると、米の花の匂いがする、フスマ、玄米を白米にする時にでる粉です、の臭いがする。・・・と言っても分からなければ、お米屋さんの匂いですね、これも分からないか・・・、米はスーパーで袋入りを買うんだとなァ・・・。

この時は・・・
by cassiopeam101 | 2008-08-06 16:34 | 米作り

稲穂が出た@信州

d0056382_11524850.jpg
田圃の稲に稲穂だ出ていた。よく見ると花も咲いている。穂が出た!と大声を出したら、田圃の西隣のオッサンが8月1日だから正常だ!と教えて呉れた。

つづく・・・
by cassiopeam101 | 2008-08-01 12:57 | 米作り

合鴨ロボット  ーその3@ボケた頭

有機米の栽培に素人風に関わって5-6年経ち、除草器を押したりするのもそろそろ限界かな・・・、と合鴨ロボットなんてどうだろう・・・、とボケた頭であれこれポンチ絵を描いた。

昨日の朝日新聞、本誌、アサヒドットコムを見ると、遺伝子組み換え(GM:Generically Modified)の業界?に、食糧高騰・温暖化対策などで、追い風が吹いていると言う。

例えば、アサヒドットコムの記事のこの部分、
『 英国の農業コンサルタントPGエコノミクス社は、GM作物の栽培で、06年には乗用車650万台分に相当する二酸化炭素(CO2)約1500万トンが世界全体で減ったとの試算を公表した。雑草を除くのに畑を掘り起こす必要がなく、農薬の散布回数も減るため、土中からのCO2排出や農機具のエネルギー消費が抑えられるという。温暖化被害に対応し、干ばつや高温に強い作物の開発も各地で進められている。 』
私の合鴨ロボット構想の出だしの部分ともろにブツカル・・・、やれやれ、下司の知恵か・・・。ボケた頭で、ノンビリ・ボンヤリ、もう少し考えよう・・・、トホホ。
by cassiopeam101 | 2008-07-21 07:09 | 単なる記憶/メモ