SlowDays

<   2006年 09月 ( 47 )   > この月の画像一覧

頭が垂れてきた稲穂@信州ーその18

d0056382_13441316.jpg
田圃へ出掛けたら、稲穂がこんなに垂れていた。うーーん、これはそろそろ稲刈をしなければ、と思って辺りを見回した。プロの田圃も刈取りを始めているところがある。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-30 14:12 | 米作り

赤い蕎麦の花@信州

d0056382_15454590.jpg
田圃の稲の実り具合を見に出掛ける途中、とある信号で停まる。ふと隣を見ると蕎麦の畑、でも咲いている花は赤い、桃色。青信号で曲って少し先の広い所で停まり、カメラを持って、取って返す。近寄って写したのがこれ。
ネットサーフィンすると「高嶺ルビー」というヒマラヤ原産の蕎麦があり、近年信州大学の先生が栽培されているらしい。このサイトもそのつながりか知らん。この写真を見ると花と葉は似ているが、茎が高嶺の方は緑でこちらは赤くて普通の蕎麦に似ている。もう少し調べることにしよう。
こちらの赤い蕎麦の花、京都市左京区花脊別所(鞍馬寺から更に北へ7-8km行った辺り)、は私が見たものに似ているようだ。茎が赤い。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-29 16:13 |

栗御飯と秋刀魚の塩焼@信州

d0056382_9155231.jpg
拾った栗の皮を剥いて、これが大変で連れ合いに多謝、栗御飯にした。スーパーで活きの良い秋刀魚があり、今年も七輪に炭火をおこし、塩焼にした。昨年の風景はこんなだった。この栗御飯の中にはもくれんサンのお宅の前で拾った栗も入っているかもしれない。あそこの栗の木がここらでは一番実が成って、落ちていた。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-29 09:23 | くいしんぼう

栗拾い@信州

d0056382_8592239.jpg
昨年は不作だったので今年は豊作かと期待したが、今のところそうでもないらしい。それでもこんなに立派な実が見つかる事がある。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-29 09:09 | 草木の実

紫色のコムラサキの花と実と@散歩

d0056382_22462573.jpg
九月の中旬だったかコムラサキの花が咲いていた。この写真の前後に所用fで都心の平河町へで掛けたが、そこでもビルの谷間にコムラサキの花が咲いているのを見掛けた。どうしてかなア、と訝ったが、この写真の花を見て、そういうものなのか、と納得するような気持になった。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-27 22:58 | 草木の実

白根せんきゅう@信州

d0056382_22364665.jpg
沢沿いの湿地に白根せんきゅうが今年もmた咲き出した。去年はこんなだった。お手本はこんな風。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-27 22:43 |

白いコムラサキの実@散歩

d0056382_17583312.jpg
白い彼岸花のあるお宅のご近所に白いコムラサキの実が見事に稔っていた。植木屋、花屋の店先では時々見掛けるが、個人のお宅で見るのは珍しい。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-27 18:06 | 草木の実

古希の祝い@水埜@経堂

d0056382_20182855.jpg
連れ合いの親しい人が古希だというのでちょっと一席設けたいとのこと。では経堂の水埜ではどう?いいわね、ということになった。うどん数寄のコースでうどんではなく粗挽き蕎麦という選択。これはまず出汁巻き卵焼き。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-24 20:37 | くいしんぼう

届いた電気製品

d0056382_18372430.jpg
色々揉めていたFAXが宅配され、セットした。日付時刻も設定できた。電気系統は前のファックス機よりは進歩している、6年の差だから当たり前か。例えば、近頃話題のIP電話にも対応出来るらしい。早速送信したが、問題なし。

つづく
by cassiopeam101 | 2006-09-24 18:47 | 単なる記憶/メモ

酔芙蓉@馬事公苑とアントシアニン

d0056382_16534783.jpg
これは細かい手入れをしていない馬事公苑にある酔芙蓉。彼岸になると気温が下がるせいかすい芙蓉の色の変り具合が遅くなる。昨日の花の色は濃い桃色だが、九月初めの頃に比べると色づきは遅い。どうして色づくのか、色の変化が起きるのか、ネットサーフィンしたが判らなかった。そこで大学の時の知り合いに尋ねた。この知人は佐賀で昆虫の研究をしていて、中国から風に乗って色々な昆虫が日本へ来るのだと楽しそうに話して、教えてくれたことがある。このサイトを見られたし、台風13号?の後始末で忙しい、とのことだった。的確なサイトを見て、災害見舞いの挨拶をする。

アントシアニン、酔芙蓉の二語をキーワードで検索すると 1)、 2)、 3)などなどが出て来る。知人が教えてくれたのは1)のサイトだった。アントシアニンはあれこれの食材に含まれている事がこれだけをキーワードにして検索すると判る。ブルーベリー、黒豆、近頃流行の紫芋などなど。更に色々薬剤効果があり、サプリメントとしても販売されているようだ。そうそう、1)は武庫川女子大学薬学部生薬研究室のサイトです。ページを繰ると美しい先生と溌剌とした女子学生の並んだ写真が出て来て、こうした方々がアントシアニンの薬効を含めて研究されているらしい。もう一つ忘れていた、色が変わるのはpHが変わるからだそうで、pHは気温で変わるのかなァ、が私の素人勘繰り。
連れ合いがブルーベリー入りのヨーグルトを食べていたので、一粒と少しのヨーグルトを貰って更に入れ、米酢を掛けてみたが、色は変わらなかった。
by cassiopeam101 | 2006-09-24 17:45 |